30代ぼっちゃり主婦の猫・投資・ダイエットとたまに‥ ぽっちゃり

ダイエット、投資、猫、購入グッズ等を赤裸々に語ろうと思います!

【猫写真】先住猫との初対面から仲良くなるまで~努力は報われるのか?~  

DSCF7753.jpg

以前、飼い猫のあおい君の話をしましたが
今回はその番外編のような話をしたいと思います。

あおい君と先住猫のさらちゃん。
この二人はそれぞれ1階と2階で住み分けていました。

というのも、保護したばかりの時、あおい君にはお腹に虫がいたりダニがいたりで、
まだ会える状態ではなかったからです。

お互い鳴き声が聞こえたりして、なんとなく存在は感じていたと思います。

何週間か経って、ようやく会える状態になった時。
ドキドキしながら、まずはケージ越しに対面させます。

さらちゃんは興味津々にあおい君に近づき、
またあおい君も怖がっているようなそぶりもなく‥

何度かそれを繰り返し、もう大丈夫かなと思いケージからあおい君を出してみました。
さらちゃんが近寄ろうとします。が‥

DSCF7989.jpg

あおい君がさらちゃんを追いかけまわしていました。

それはそれはもう、小さい猫が大きい猫にシャーシャー威嚇しながら追いかけまわしていました。

この時、さらちゃんはけして捕まっても猫パンチもせず、噛みついたりもせず。
ただひたすらこっちを見て「みゃー!(助けて!)」と鳴くのでした。

まったく手も牙も出さなかったさらちゃんは女神だな、と思いました(*´ω`*)イイコ


その後もあおい君はさらちゃんを追いかけまわします。
そして疲れて寝てしまいます。

DSCF7932.jpg

二人が仲良くなるのを、このあおい君のお気に入りの寝床で一緒に寝るのを。
私達はずっと見守りました。

DSCF7908.jpg


見守って、


DSCF7795.jpg


見守って‥(笑)

DSCF8065.jpg

あおい君が寝ている間に、さらちゃんがそ~っと入り込んで一緒に寝ようとする‥。

DSCF8023.jpg

涙ぐましい努力を、見守り続けて‥


ついに‥




DSCF8139.jpg

ついに、こうなりました!!
初めてこの姿を目撃した時は泣いちゃいましたね。

さらちゃんが本当に嬉しそうに寝ていたんです。

最初からずっとあおい君が大好きだったんですね‥泣ける( ;∀;)

この日以降、追いかけまわす事もシャーシャー音もなく。
一緒におもちゃで遊んだりベッタリしてたり、とっても仲良くなりました。


先住猫と仲良くならない、という話もよく聞いていたのですが‥
さらちゃんが本当に優しい子だったから上手くいったのかもしれません。

私が体調不良の時も一緒の布団に入って温めてくれたり他の猫の毛づくろいも甲斐甲斐しくやってくれます。
これからも皆をよろしくね、さらちゃん(*´▽`*)


よければ応援お願いします(*'ω'*)



category: 猫の話

thread: 猫のいる生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

【猫写真】猫がめぐり合わせた出会い。  

DSCF2821.jpg 
秋、冬はこんな感じでひっついてよく寝ていました。
今は暑くって難しそうです|ω・`)

最初の記事で自己紹介した猫達。
今回は2番目に保護したあおい君のお話をしようと思います。

長文なので注意です(。´・(ェ)・)

あおい君は家の前で行き倒れていたのですが、それが初めての出会いではなかったのです。
出会いは、そう‥

DSCF2827q.jpg 
「え、あたち?」

そう、さらちゃんが出会わせてくれたんです。
深夜2時頃、寝ていた私にさらちゃんが前足をたしたしして鳴いてきました。

甘えたいのかな?と撫でていましたが、外の方を何度も見て鳴くんです。
これ何か違うな~と思って耳を澄ませてみると‥猫?っぽい鳴き声が聞こえました。

「ミャー!」というより「ビーワンビーワン!!」みたいな感し。
しばらくしても鳴き声はやみませんでした。

野良ネコの喧嘩や、発情期の声とも違う‥気がする。
もしかして怪我して動けないんじゃ‥!?
そう思ったらもう気になってしょうがありません。

家族にばれないように外に行くと、声はお隣さんの茂みから聞こえてきました。
そっと近づこうとしたら鳴き声が止まり、小さい黒い動物が走って逃げていきます。
なんとなくですが猫っぽい。

すぐ近くの茂みに隠れてしまったらしく‥
静かになったし、走ったからケガとかでもないのかな、と
ひとまず家に戻ることにしました。

家に戻ってしばらくすると、またあの鳴き声が聞こえます。
母猫とはぐれて呼んでいるのかな‥早く見つけてもらえたらいいなと思いながら
その日は眠りにつきました。

次の日、気になった私は朝から居た所を探しますが、どこにもいませんでした。
「あ、きっと母猫が見つけてくれたんだな」と思い一安心。

そしてお昼、家を出たら‥塀の影にその時の猫が倒れていました。
一瞬死んでいるのかと思いましたが、猫がこっちを見て‥

「ミャ‥」

と鳴いて、目を閉じました。
威嚇で鳴いたのかもしれません。まだ母猫を呼ぼうとしていたのかもしれません。
でもその時私には「助けて」といってるような気がしました。

「もう逃げる体力もないんだ!っていうか生きてる!!」
急いでその子を保護しました。

お水と餌を置いたら水をぐびぐび飲んでました。
かなり外暑かったので本当もう少し遅かったら危なかったかも‥。

とにかく汚れていたので濡れタオルでふきふき‥。
最初こそ威嚇の「シャー」音があったのですが‥

DSCF7757.jpg
いつの間にか膝で寝てましたp(*^-^*)q

病院に行って検査して、徐々に元気になりました!(虫下しやら目薬やら)
最初の頃は鳴き声が「イーオン」だったのは今でもいい思い出です(*^_^*)

DSCF7798.jpg 

初日から警戒心をとくあおい君の図。
空が青かったのであおい君と名づけることにしました(*´ω`*)

KAI1.jpg
拾った時は2カ月半。今ではもう3歳♪
これからもよろしくね、あおい君。

よければ応援お願いします(*'ω'*) ↓
 

category: 猫の話

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク